生活のトラブルの恐怖

悪徳商法と生活のトラブル

生活のトラブル悪徳商法

生活のトラブルの1つ、昔からよくある「悪徳商法」についてご説明しましょう。以前からありましたが、手口もさまざまになっています。代表的なものをいくつか挙げましょう。アポイントメントセールスとは、電話などで約束をし、他の場所に呼び出して商品を売りつける商法です。ネガティブオプションとは送りつけ商法で、一方的に送りつけ、請求書を入れる商法で、高齢者が狙われやすいです。マルチ商法とは、ねずみ講のようなシステムで、連鎖販売になります。ピラミッドの上の人が儲かる仕組みで、そこから子ども、孫のような関係で増やしていきます。ほかにも、点検商法やSF商法、資格取得商法など、数え切れないほどの種類の悪徳商法があります。もし、こんな生活のトラブルにあったら、消費生活センターや国民生活センターに相談しましょう。

さまざまな悪徳商法について

生活のトラブル、悪徳商法には様々なものがあります。訪問販売で押し売り、価値のない物を価値が高いとして売る詐欺まがいのもの、ねずみ講やマルチ商法、色恋を使ったデート商法、巧みな話術と会場の熱気と雰囲気で高い買い物をさせる催眠商法、内容の無い情報商材を売るもの、挙げていくとキリがないほど沢山の悪徳商法があります。相手は、騙す気でやってきて、人間の心理を読んでいるので、自分は騙されないタイプだと思っていても騙されてしまうかもしれません。なので、急にやってきた上手い話には乗らず、日頃から情報収集をし、生活のトラブルに対応できるようにしていくことが大事な心がけです。

© Copyright お金の生活のトラブル. All rights reserved.